ひとのわにっきBlog

Points of You®で2022年を望む

2022年をどんな年にしたいですか?

Points of You®のオリジナルワークショップを
オンラインで開催しました。

目的の1つは2022年の展望を描くことですが、
実はもう1つありました。

昨年開催した「L1 Hello Points Workshop」に
参加していただいた方が
カードを手に入れた後、
おそらくあまりカードを触る機会がないのでは?と
楽しくカードに触れる機会をつくりたかったのです。

オリジナルのレイアウトチャートを作成して、
2021年を写真カードを選んでたっぷりふりかえり、
2022年のイメージを参加者どうしで対話しながら
大きくふくらませてあって、
ステキなタイトルをつけていただきました。

最後に、それぞれの2022年のタイトルをきくと
みなさんらしいわくわくするお話が聴けて
私も主催していて楽しかったです。

資格コースが開催できるExpertの資格をとりましたが、
今回のようなカードを使って楽しく対話する機会を
提供していこうと思います。

参加者募集:就職セミナー「行動が変われば習慣が変わる」

セミナーをたくさん受けて知識は身につけたけれど、
なかなか一歩が踏み出せない、行動に結びつかない、
そんなことはありませんか?

OSAKAしごとフィールドさまの求職者向けセミナーで
「行動が変われば習慣が変わる」を担当します。

主催のご担当者さまからの
これまで就職に必要な学びは提供してこられたので、
行動につながるようなテーマで開催したいという
ご要望から生まれたセミナーです。

私がコーチングや心理学などで学んできたことや、
企業研修でも職場で実践するしかけを工夫してきた
ことなどを活かして、
就職活動を始めたい方が実際に一歩踏み出せるよう、
楽しく学び合えたらと思います。

日時:2022年2月22日(火)10:30-12:00
実施方法:Zoom
講師:ひとのわ 福住昌子

ご案内とお申込みは、「こちら」から。

ご参加をお待ちしております。

Points of You®「Expert」資格取得

Points of You®「Expert」の資格を取得し、
認定証が届きました。

6月に5日間の合宿「Turining Point Program」に
参加して、
資格取得に向けて18回の練習会を開催して、
今年はPoints of You®の長い旅を過ごしました。
ご協力いただいた方々のおかげです。
改めて、心から感謝します。

Points of You®の写真カードを使えば使うほど
奥深い気づきが得られる魅力があります。

早速、過去のコースを受けてくださった方や
お友達を中心にお声がけをして、
12月21日の夜に、今年をふりかえるワークショップを
開催します。

来年は、研修やワークショップでも使いますが、
「Hello Points Workshop」(L1)や
「Creative Practice Workshop」(L2)も
開催してみたいです。

イラストでジェンダーを学ぶ

LGBTということばを見聞きする機会は
ここ数年で増えましたね。

では、「Xジェンダー」「アセクシャル」
「シスジェンダー」「ヘテロセクシャル」は
説明できますか?

先日お邪魔した研修会場のお手洗いに
イラストを使ったわかりやすい簡潔な説明が
貼られていました。
自然に目に留まり、
つい全部読みたくなるのがステキです。

私は「Xジェンダー」は知らなくて、
「シス」「ヘテロ」は耳にしたことがあっても
意味は覚えていませんでした。
またまた「最新学習歴」を更新できました。
多様性の大切さも伝える機会が多いので、
自分のことばで説明できるようになりたいです。

こんな説明が、あちこちの施設や学校などにあれば、
人それぞれ違いがあることが当たり前だと感じて、
もっとお互いを尊重しあえるかもしれませんね。

教員向け研修で先生の愛を痛感する

師走に入った初日、
教育委員会さまで、部活動指導の教員向けに
体罰防止研修を担当しました。

前期は声かけの中で、ほめことばを扱った流れで
 関連記事:「生徒の元気を引き出すことばを一緒に考える」(2021.08.04)

後期は、「然るべき行動を引き出す叱り方」と題して
怒らない指導方法を扱いました。

ありそうな事例を用いてグループ検討していただくと、
私の想定をはるかに超えて、
怒りたくなる状況を未然に防ぐ日ごろの指導方法に
ついてのご意見がたくさん出たことに感動しました。

生徒思いで愛情深いからこそ怒りたくなることも
あるでしょうし、
日ごろから生徒たちをまとめようという高い意識を
お持ちなのだと痛感して、
私のほうが学ばせていただくことも多いです。

来年も担当させていただく予定なので、
最近は私も教員向けのオンラインセミナーを
たくさん受講していますが、さらに準備を重ねて、
よりお役に立てるように練り上げたいと思います。

コンテストで女性起業家の熱い発表を聴く

池田商工会議所初の女性創業コンテスト
「いけだ女性創業チャレンジコンテスト」の
審査員を務めました。

7倍以上の応募者から選ばれたファイナリスト6名の
女性起業家のみなさまは
事業計画書もプレゼンテーションも練り上げて
すばらしい発表をされました。

結果は公式発表前にここで公表するのは控えますが、
どれも時代を反映したテーマで、
身近な課題からビジネスアイデアとして大きく
膨らませたビジネスプランです。
事業内容を挙げると、
・世界に一つだけのかごを作れる紙バンドキットの開発・販売
・子育てママのための憩いのサロンで、ほっこり笑顔のお手伝い
・『大きいサイズのパンプス』で歩む誰もがおしゃれを楽しめる社会への道
・ビジネスパーソンのためのマインドフルネス茶道
・親子で嬉しい、絵本とアパレルのギフトセット販売
・世界に一点だけの優美なクラシックバレエの舞台衣裳レンタル会社

準備から当日運営まで事務局のみなさまのサポートも
至れり尽くせりのきめ細やかさでした。

初めてのコンテストで審査員の一員として
関わる機会をいただけたことに感謝しています。
このご恩は、年明けから始まる
今年度の池田商工会議所創業スクールで、
引き続き、池田から夢をかなえる創業者が
生まれていくように、全力でサポートいたします。
 関連記事:「<参加者募集>池田商工会議所創業スクール」(2021.11.22)

1月からの創業スクールは参加者募集中です。
詳細は「こちら」からご覧ください。
ご参加をお待ちしています。

今年も創業ゼミ卒業生がつながる場をつくる

今年も、堺商工会議所創業ゼミ卒業生の
フォローアップセミナーと交流会を開催しました。
今年は2016年から2021年の卒業生23名で、
席替えをしながら情報交換が盛り上がりました。

毎年開催している創業ゼミ出身のみなさまの
年度を超えた縦のつながりをつくりたくて、
昨年から実現した試みです。
 関連記事:「創業その後」を語る場が実現する(2020.11.28)

昨年の交流会からいくつかコラボも生まれたのが
とてもうれしくて、
今年も参加してくださった方に、
・サロンの内装デザイン
・セミナーの教材作成
などをご紹介いただきました。

その後、
・開業時期を占ってもらった
・関連しそうなNPOを紹介してもらった
という事例も休憩時間に教えていただきました。

私からのミニセミナーでは、
コロナ禍を経て顧客心理の変化をお伝えして、
コンセプトを練り直す意味、
商品・サービスの価値を高めることの大切さを
改めて考えていただき、
その後の交流会で情報交換する視点のヒントを
お伝えしました。

今年もここからまた新たなつながりがうまれて、
励ましあえたり、チャレンジできたり、
ステキなご縁が広がっていくことを願っています。

コンプライアンスを自分ごとにする研修

川西市教育委員会さまで、昨年に引き続き
コンプライアンス研修を担当しました。

情報管理の徹底がテーマの研修ですが、
先生方も頭では重々ご存じのはずなので、
単調な研修にしたくなくて、
自分ごととして考えていただけるよう、

日々の行動をふりかえるチェックリストや、
いかにもありそうで意見が分かれそうな事例を
知恵を絞って準備しました。

先生方も真摯に取り組んでくださって、
「あるある」
「わかってるけど難しいよね」
「これわかるわぁ。本当にありそう。」
「もし~だったらどうする?」
「大丈夫って思ってしまいそう」
などなど、熱を入れて話し合ってくださって、
苦労して作った甲斐があってうれしくなります。

先生方の学ぶ姿勢は素晴らしいです。
重責を担い、お忙しくお仕事をされている先生方が
ヒントを見つけていただけていたらうれしいです。

研修会場は、彩り豊かに色づいた山が
すぐ近くに見えるところで、
かわいらしいサンタさんとスノーマンに
迎えられて癒されました。

<参加者募集>池田商工会議所創業スクール

今年度も、来年1-2月に開催される
池田商工会議所の創業スクールを担当します。

日時:2022年1月15日、29日、2月12日、26日
   10:00-16:00
場所:池田商工会議所

お申し込みは、「こちら」から

池田商工会議所の創業スクールは
毎年時期や曜日、時間帯を変えて実施していて、
今年は土曜日の終日コースです。

会場開催で、参加者どうしの意見交換を通して
横のつながりをつくりながら知恵を集めて、
自分の創業プランを練り上げていきます。

過去の卒業生も活躍されていて、
先輩創業者の体験談にもお越しいただく予定です。

池田市周辺で事業を始めようとされているみなさま、
ぜひご参加をお待ちしています。

評価は応援するためのもの

未来の先生フォーラム探求学習特別篇を
視聴しました。

京都市立堀川高校元校長の荒瀬克己先生の
基調講演で、
「評価は生徒を応援するため」ということばに
心が震えました。

生徒1人1人の強みを見つけ、
やりたいことを応援するために行うもの、
ということです。

今月も来月も、教育委員会で研修や講演をする
機会をいただいているので、
この視点を肝に銘じて登壇します。

それと同時に、
企業の上司部下の評価も同じことですよね。

ダメ出しではなく、
部下の能力を伸ばし、モチベーションを引き出して
部下も職場も成長していくために
評価や面談があると思えば、幸せに感じませんか?

きれいごと、と思われるかもしれませんが、
部課長さまとの1on1コーチングが多い時期なので、
本気でそう信じて、クライアントさんたちを
応援しようと思います。