ひとのわにっきBlog

創業者のご活躍に活力をいただく

8月23日の日本経済新聞夕刊に
2015年の開業時にご支援させていただいた
奈良の薬膳カフェP.O.F.の記事を見つけました。

店名のP.O.F.はPower of Food。
オーナーの吉田奈麻さんは、
ご自身の経験から、食への思いのあふれる方で、
開業直後から身体によい食事の提供だけでなく、
薬膳を広めるセミナーや薬草とのコラボなど、
精力的に活動を続けていらっしゃいます。

 P.O.F.  Power of Food
  http://poweroffood.jp/
  奈良市法蓮町421-4 TEL:0742-33-1239
  営業時間:11:00〜17:00  定休日:日・月

開業前から知る方が大きく羽ばたく姿を見ることは、
創業支援をしている私の何よりの幸せで、
大きな活力をいただきます。

最寄駅から遠いのを理由に少し足が遠のいていますが、
この記事を見て、久しぶりにオーナーの笑顔に会いに、
おいしいランチを食べに行きたくなりました。

ひとのわサイトができました。

ひとのわサイトをリニューアルしました。

これまでは1枚もののランディングページでしたが、
昨年の堺商工会議所創業ゼミ卒業生の
みやあじよ」さまにご尽力いただいて、
企業サイトらしいページを制作していただきました。

作りたいイメージを汲み取っていただいて、
こういうのがほしかった、というサイトができて
とってもうれしいです。

これからも、ひとのわと福住昌子をどうぞよろしく
お願いいたします。

打ち上げと打ち合わせでひとのわをつなぐ

お世話になっているご夫妻との打ち上げ&打合せに、
いつもおいしいお料理と心のこもったおもてなしを
してくださる「ラ・チッタ」でランチを楽しみました。

 ラ・チッタ http://lacitta.jp/
  堺市北区東浅香山2-73-36
  Tel&Fax:072-350-2119

自家栽培のお野菜を使ったお料理に会話も弾んで、
今後の打ち合わせもさくさく進みます。
大事な時間を過ごすのに、心強いお店です。



ラ・チッタのサービスマネジャーの深田ちかこさんは
4年前の堺商工会議所創業ゼミの卒業生で、
ご一緒したご夫妻のご主人は昨年の卒業生なので、
またここで、創業ゼミの「ひとのわ」がつながります。

今年の堺商工会議所創業ゼミも、いよいよ25日から
始まります。
今年も新たなひとのわが生まれて、育っていけるよう、
講師の私も全力を尽くします。

アカデミックな場で企業研修を語る

甲南大学の
「人間の知的な動作の分析に関するワークショップ」で
「教える/教わる」のグループダイナミクスを
テーマにした講演の1つとして、
「アウトプットの質を高める研修の工夫」について
お話しさせていただきました。

企業研修で伝えるときに意識していることと
大学の授業や学会の研究発表との違いを際立たせるには、
アカデミックな雰囲気には場違いにも思えたけれど、
ひとのわの参加型研修のスタイルを少し実演して、
教授や学生さんたちに体験していただきました。

意見交換会でお話しした先生方とも、
理論や成果を証明するための研究発表と、
聴き手に受け取ってもらうための伝え方が違うこと、
目的が異なると手段も変わることなどが話題になり、
知的好奇心が刺激され、満たされました。

プレゼンテーション研修でタイトルと構成を考える

「駅の改札を出たところで、
 思わず”つげさん”の写真を撮ったんです。」

貝塚市教育委員会の
プレゼンテーション研修で、
市民講座の構成について
説明するときに、
私がとっさに使った
「つかみ」のセリフです。

「気になるものを見つけたら、
 写真を撮って、広めたくなりますよね。」
「お友達を誘って申し込みたくなるような
 魅力的な講座のタイトルを考えましょう。」

グループでお互いにアイデアを出し合うと、
TV番組や雑誌の見出しになりそうな、
興味深いタイトルがあちこちで生まれました。

そして、受講後に感想を広めたくなるような、
講座の構成も考えました。

「つげさん」のおかげで、
消費行動のAIDMAやAISASに基づきながらも、
利用者の視点が具体的にイメージしやすくなって、
堅苦しい理論の枠を取り払って、
自由に発想していただくことができました。

初対面のつげさん、
研修にお力添えをいただいて、ありがとうございます。

池田創業スクールでコンセプトを磨く

池田商工会議所創業スクール2日めは、
前回見つけたビジネスアイデアを
事業として育てるために、
コンセプトを考え、
マーケティングの視点で磨いて、
ぶれない軸を見つけます。



全日程のうち、私が伝えたいことが一番ギュッとつまった、
得意でもあり、熱が入るテーマです。

私が口を酸っぱくして強調するのが、
「誰に」「何を」「どのように」。

あまりにもしつこく強調するので、
卒業生のみなさまにも、
「頭が痛くなるほど、誰に何を・・・って
 考えましたよ。」
と何年たっても言われることもあるくらいです。

コンセプト、マーケティングといっても、
横文字はできるだけ使わず、
グループで和気あいあいと話しながら、
・お客さまの層が変われば、
・お客さまの目的が変われば、
同業者とは競合しない別の事業になることを
少しずつ実感できるように進めています。

次回は、事業として続けていけるよう、
利益について、優しく&易しく説明できるように、
私も準備を重ねます。

有料サービスを利用するとき

「Z」の文字を打つために、
3,900円の有料サービスに入会しました。

数日前から、パソコンで「Z」を打つと、
なぜか「5」の文字が表示されます。
「ありがとうございます」が「ご5あいます」に、
「創業ゼミ」が「5えみ」になるのです。

これまで全く気づいていませんでしたが、
私は人一倍「Z」を使います。

だって、私は、ふくずみさん。
「お世話になっております。ひとのわ 福住です。」
が変換できないと、ご挨拶ができません。

挨拶文は、コピーや自動挿入で済ませるのではなく、
心をこめて手で打ちたいので、
変換できないとストレスがたまります。


いろいろ試してみて、本体の故障とわかったので、
新しいキーボードを購入しました。

Amazonプライム会員のお急ぎ便なら当日に届くと
表示が出て、迷わず、会員登録をクリックしました。
1,000円未満の商品を3,900円払って取り寄せるなんて、
余裕があるときなら絶対にしない選択です。

必要に迫られると、もったいないと思わないのかと
ちょうど次回の創業スクールでテーマになる、
価格とサービスの価値について、考えさせられました。

お昼過ぎに注文して夕方届いた新しいキーボードは
さくさくキーが打てて快適です。
これでお仕事もさくさく進みますように。

「つなぐキッチンそらのいろ」でご縁をつなぐ

「つなぐキッチンそらのいろ」で
文字通り、ご縁をつなぐことができました。

 




オーナーの村田千春さんは
2015年の堺商工会議所創業ゼミの卒業生で、
1年後輩の2016年の卒業生お2人と一緒にお邪魔して、
新しいご縁をつなぎました。

二十四節季ごとにメニューが変わる「暦ごはん」は
愛情と手間をたっぷりかけて旬のお野菜のうまみが
引き出されてとてもおいしくて、
目もおなかも気持ちも幸せで満たされます。

月に数回、週に数回と通うお客さまも多いそうです。

 つなぐキッチンそらのいろ
   大阪市住之江区西住之江3-2-22
   火~土曜 11:00-16:00営業
   http://kitchen-soranoiro.blogspot.com/

今年もまもなく堺商工会議所創業ゼミが始まります。
お申込みは、http://www.sakaicci.or.jp/seminar/20180825.pdf

今年もステキな「ひとのわ」が生まれ、広がりますように☆彡

池田創業スクール初日

池田商工会議所創業スクールが初日を迎えました。

創業に向けて大切にしてほしい心構えや
ビジネスアイデアの見つけ方や磨き方を伝えて、
参加者のみなさまの思いを探ったあとは、
参加者どうしでアイデアを磨き合います。

年齢も性別も経験も事業領域も異なるメンバーで
意見交換をするうちに、
初対面だったみなさまが仲間になっていき、
つながりがうまれていきます。

屋号「ひとのわ」の私にとって、
創業の講座を何年も何度も担当していても、
わくわくする大好きなひとときです。

今年の池田の創業スクールは、隔週で6回、
3ヶ月後の最終日には、みなさまが自信を持って
自分の道に大きく羽ばたいていけるよう、
私も全力で応援します。

参加型研修

ひとのわの研修は、参加者のみなさまが主役です。

たとえどんなに役立つ講義を聴いても、
研修が終わると忘れてしまって、
職場で活かされないとしたら、
もったいないと思いませんか?

ひとのわの研修は、
テーマに合わせて少人数の演習や対話を行った後、
たっぷりと時間をとって振り返り、
気づいたことや学んだことを言語化することによって、
1人1人が自身の課題や次のアクションに気づくことを
支援します。

研修の最後には、
職場ですぐに実践する「最初の第一歩」の行動を宣言し、
研修の学びと実践をつなげる仕組みを作ります。
 

実際の事例はこちら

研修実績はこちら