ひとのわにっきBlog

オンライン研修のリスクマネジメント

「声が聞こえません」

こんなことがオンライン研修で起きてしまったら
どうしようと思うできごとが、昨夜ありました。

オンライン研修では、
講師の私のネット回線、Zoom、PCの不具合などが
発生すると研修が中断してしまうので、

予備の回線、パソコンを準備したり、
頻繁にアップデートされるZoomの変更点や
不具合発生状況を情報収集したり、
毎回接続テストをして確認したり、

見えないところで、できる限りの万全の準備を
整えています。

昨日も、細心の注意を払って準備して、
研修中もブレイクアウトルームへの振り分けや
参加者の回線状況に神経をはりめぐらせて、
オンライン研修を終えました。

冒頭の「声が聞こえません」は、
その研修のわずか2時間後に、
知人のオンラインセミナーを受講したときに
発生しました。

通常、PC機器の画像や音声が出ないときは
ケーブルの断線が多いのですが、
直前まで使っていただけに、信じられません。

念のため、PCもZoomを再起動しても直らず、
マイクテストをすると、やはり音声が入らないので、
マイクの断線だとわかりました。

もしこれが、
お金をいただいている研修中に起こっていたら?と
ぞっとしました。
その2時間前までの研修では無事に話せていたので、
なんという幸運!と感謝しました。

さらにもう1つ関門がありました。
今日も、オンラインミーティングがあったのです。
買いに行く時間も、ネット購入も間に合いません。

どうしようかと思ったとき、
出張用のPCグッズセットの中に
イヤホンマイクを入れていたことを思い出しました。

これは、私のミスから生まれた幸運です。
夏にオンライン研修で出張したときに、
マイクを忘れたことに気づき、
現地の量販店で慌てて調達していたのです。

綱渡りですが、なんとか乗り切ることができて、
ほっとしました。
そしてもちろん、今後のために、
予備のイヤホンマイクをネットで注文しました。

今年は、集合研修が難しくなって、
さまざまな新しいチャレンジを経験していますが、
リスクマネジメントの経験値も高くなります。

<参加者募集>ゼロ円でお客様を増やしたメガネ店の販売戦略セミナー

コロナ禍でお客さまが減った会社やお店が多い中、
お金をかけずにお客さまを増やした会社があります。

何をしたの?どうやって取り組んだの?と
知りたくなりませんか?

12月9日(水)に堺商工会議所で
「ゼロ円でお客様を増やしたメガネ店の販売戦略」
というセミナーを開催します。

株式会社メガネの金剛の佐藤元昭社長、辻実成さんを
お迎えして、
この春、いち早く新しい予約のしくみを、
「ゼロ円」で知恵を絞って取り組まれ、
既存のお客さまが安心して来店することができ、
地元の方がお店を知ってお客さまを増やすことが
できたお話をお聴きします。

 日時:12月9日(水)14:00-16:00
 場所:堺商工会議所
 参加費無料です。
 お申込みは、
  http://www.sakaicci.or.jp/seminar/20201209.pdf

アプリを入れるだけでうまくいくわけではなく、
なぜ、そんなことができたのか、
どのように、工夫やしくみをつくられたのか、
経営者の戦略や組織マネジメントの視点、
担当者のアイデアや具体的な運用の視点、
両面から大盤振る舞いで語っていただきます。

ぜひ、お2人のお話から、
自社で応用できる考え方を発見してください。

佐藤社長とは、2008年ごろからの長いおつきあいを
させていただいていますが、
このような形で一緒にお仕事ができるのは
夢のようなうれしい機会です。

当日は、社長にお見立ていただいたメガネをかけて
セミナーをコーディネートします。

創業ゼミ卒業生訪問:祝5周年☆つなぐキッチンそらのいろ

祝☆5周年。
板前修業をされた女性オーナーが心を込めて
おいしい和食ランチやおやつをつくられている
「つなぐキッチンそらのいろ」が
本日開業5周年を迎え、ランチに訪問しました。

 つなぐキッチンそらのいろ
   大阪市住之江区西住之江3-2-22
   火~土曜 11:00-16:00営業
   http://kitchen-soranoiro.blogspot.com/

二十四節季ごとにメニューが変わる「暦ごはん」は
季節の主菜とお野菜5種の副菜、玄米、お味噌汁で、
ボリュームはたっぷりありますが、
素材の味が引き立つように手間暇かけてつくられて
1つ1つ繊細で優しいお味なので、胃もたれゼロで、
安心してたくさん食べられます。

立冬の主菜は新潟県産車麩のステーキ、ネギソース。

カリカリに焼かれた車麩に、香りのいいネギソースが
絶妙のバランスで、何度でも食べたくなります。
常連さんのリクエストも多いメニューです。

飲食店を5年続けるのは、本当に大変なこと。

オーナーの村田千春さんから
「創業ゼミの最終日のプレゼンテーションの資料を
 今もすぐに見られるところに置いていて、
 時々コンセプトがぶれていないか見直しています」
とうかがって、
講師としてうれしくて、胸が熱くなりました。

今はお席を減らして営業されているので、
ランチタイムもお茶の時間も、ご予約をお願いします。
早めに予約すれば、お弁当なども対応可能です。
おやつタイムもおすすめです。

事業コンセプトは創業のハイライト

池田商工会議所創業スクール2日めは、
事業コンセプトを考えます。
私が創業講座をするときに、一番力を入れる回です。

事業コンセプトは、
創業前に考えていただきたいのはもちろん、
開業後に迷いが出たときにも、
コンセプトに立ち返って考えると、
軸がぶれずに自分の事業を立て直すのに役立ちます。

特に今年は、開業後の卒業生とお話ししたときに、
コンセプトを思い出していただくと、
また元気に前を向いて走り出す方が大勢いました。

楽しいお題の演習で、グループで話し合う時間を
何度かとるので、
参加者どうし、旧知の友人のように仲良くなります。
そんな中で、学生さんと1年上の社会人の若手が
同じ中学の先輩後輩ということが判明しました。
地元のつながりが生まれるのも、
地域の商工会議所で開催する醍醐味の1つです。

次に私が登壇するのは1ヶ月先ですが、
さらにビジネスの種が育って、元気に再会できるのを
楽しみにしています。

頼もしい若手世代のコーチング

30歳前後のベンチャー経営者とのコーチングが
偶然3件重なって、
若手世代の頼もしさを感じた1日でした。

個性も、事業への取り組み方も、コーチングの活用法も
三者三様ですが、
共通しているのは、発想力と行動力です。

コーチの問いかけをまっすぐに受け取って、
自分の頭で考えて、自分のことばで表現し、
ひらめいたことはすぐにメモして行動されます。

一見難しく思えるようなアイデアでも、
「大丈夫ですよ」「できます」と元気に宣言され、
コーチングセッションの直後には動かれています。

想像を超えるような大きな夢を描き、
果敢に道を切り開いて進んでいこうとする彼らの姿は
尊くて、尊敬の念があふれます。

そんなたくましい彼らですが、
素直な彼らの表情には初々しさもあふれていて、
どこまでも応援したくなります。

コーチングのお仕事を通して、
ときには、親よりも年上の人とつながれること、
子ども世代よりも下の人とつながれること、
視野や感性が広がることがありがたいです。

池田創業スクール始まりました。

池田商工会議所創業スクールが始まりました。

池田で担当して5年めになるので、
ビジネスアイデアやマーケティングの事例に
これまでの卒業生を事業を紹介できるのが
うれしいです。

今年は土曜日の夜に開催されたおかげでしょうか、
例年より開業直後の方や男性比率が高いのが
特徴的です。

父と息子、母と娘という組み合わせがあり、
ご一緒に創業されるのかと思いきや、
それぞれ別々のプランで創業をめざされます。

なかなかユニークなメンバーが揃って、
ディスカッションも盛り上がって話が止まらず、
早速メンバーどうしの商談も進みそうな勢いです。

冬に向かって空気が冷たくなっていく季節ですが、
換気のためにドアを開けたままでも
創業に向けたみなさまの熱い思いで、
ここから2ヶ月、元気に夢を形にしていきましょう。

神社で問いを受け取る

見ているつもり、わかったつもりになって、
見落としていることは?

コーチングでは「問い」を大事にしています。
日常生活の中にも、ふとした瞬間にそんな問いを
感じることがあって、ドキッとします。

久しぶりに大阪天満宮にお詣りして、
絵にかいたような鮮やかな青空に見とれて
ふと入口の門を見上げると、
美しい方位盤が描かれていることに気づきました。

何年も前から何度もお詣りしているのに、
いつもは頭を下げて門をくぐるばかりで、
上を見たことがなかったのです。

そこにあるのに、目に入っていないもの、
よく知っているつもりで見落としてしまっていること、
わかっているつもりになって聴いていないこと、
いろいろあるのかもしれないなぁと
自分の姿勢を正してくれたような気がして、
大切な問いとして受け取りました。

コーチングを生業にしていると、
身の回りのあらゆるものが、
私のコーチのように感じることがあります。
しばらく、受け取った問いをじっくり味わって
丁寧に過ごします。

堺商工会議所創業ゼミを温かく終える

堺商工会議所創業ゼミ最終日は、
開業後の成功に向けて、
コンセプトや経営理念の再確認と
スタッフの採用や労働条件、
スタッフの育成のポイントやコミュニケーション、
お客さまへの接客対応やクレーム対応など、
演習を交えて考えていただきました。

私の講義風景も事務局の方が撮ってくださいました。

午後の後半は、楽しみなビジネスプラン発表会です。
4週間の集大成として、趣向を凝らして準備された
プレゼンテーションを仲間の前で披露します。
すっかり仲良くなった仲間どうし、
温かい眼差しと大きな拍手の中で進んでいきます。

全員の投票で選んだ上位者に、
卒業生のお店で選んできた商品を贈呈しました。

圧倒的な得票数で第1位に輝いたのは、
ご実家を改装してレンタルスペースを開業される
義理のご姉妹のお2人。

妹さんのはつらつとした説明に合わせて、
義姉さんが美しい写真とキーワードをホワイトボードに
貼っていく息の合った素晴らしいプレゼンテーションは
大反響を呼びました。

感染予防対策の中での今年の参加者のみなさまは
とてもたくましくて前向きで、
お互いに応援しあう強いつながりが生まれています。

この状況下で参加してくださったみなさまと、
一緒に講師を務めてくださった永井先生、
アクリル板や消毒などの対策に走り回ってくださった
堺商工会議所事務局のみなさま、
例年以上に気を配って準備や運営をサポートして
くださったおかげで、
今年度も無事に開催でき、完了を迎えることができ、
心から感謝しています。

ゼミが終わるのは名残惜しいですが、
ここからがみなさまの本番のステージ。
うれしいご報告が聴けることを楽しみにしています。

オンライン研修のテクニカルサポート

この2日間、
オンライン研修でテクニカルサポートを務めました。

中小企業診断士を情報部門で取得した私は
新しいITサービスや機材は大好きで、
Zoomも数年前から1対1のコーチングで使っていますし、
2月以降はお仕事でもたくさん使ってきましたが、
Zoomのテクニカルサポートがお仕事になるとは
思いもしませんでした。

確かに、メイン講師を務めながら、
次のブレイクアウトルームのメンバーの振り分けをして、
グループワークにも顔を出しながら、
回線が落ちてしまった方のケアをして……
というのは、せわしなくて、集中力が落ちてしまいます。

実際に私1人で講師も操作も担当するときには、
Zoom操作に気をとられることなく、
全体の雰囲気や参加者1人1人に目配りして、
研修の質を高めることに注力したいと思います。

だからこそ、
今回テクニカルサポートに専念してみると、
メイン講師のとき以上に神経が張りつめます。

参加者の方々のネット回線の環境はバラバラなので、
回線が落ちやすい方、
ブレイクアウトルームの移動に時間がかかる方、
操作にとまどう方など、
いろんなことが起こります。

そんなときに、すぐに対応できると、
お役に立つことができてよかったと、ほっとします。
こういう裏方のサポートのお仕事も、
私は好きだなぁと、今さらながら実感します。

どれだけ需要があるのかわかりませんが、
またテクニカルサポート業務もできたらいいなぁと
思います。

創業ゼミ卒業生訪問:紅茶専門店「Cocha Bar」

おいしい紅茶とお菓子を静かにゆったりと味わう、
そんな豊かな時間を過ごしてみませんか?

久しぶりに、堺の紅茶専門店「Cocha Bar」を
訪れました。
2016年堺商工会議所創業ゼミ卒業生で
2018年の春に開業された藤岡彰さんのお店です。

 Cocha Bar(紅茶葉)
  堺市堺区一条通20-9 TEL:072-242-4336
  https://cocha-bar.com/

珍しいおすすめのストレートティと迷いましたが、
少し肌寒かったので、コクのあるミルクティを
淹れていただきました。

香り豊かなミルクティを一口含むと、
お砂糖が入っているのかと思うくらい甘みがあります。

お菓子もオーナーの手作りで、
ラフランスのタルトは、
主役の紅茶を引き立てるようにフレッシュです。

次々とお客さまが来られて満席ですが、
常連のみなさまは静かに紅茶を楽しまれていて、
とても落ち着いた雰囲気です。

決して疲れていたわけではないのですが、
こんなふうにゆったりとお茶とお菓子を楽しんで
一息つく時間を求めていたのかなぁと実感します。

こだわりの珍しい紅茶もこのお店のウリですが、
ぜいたくなひとときを提供してくれる貴重なお店です。