ひとのわにっきBlog

カテゴリー:経営・マネジメント

SDGsゲームで豊かな世界が生まれる

「遊んで学ぶSDGsゲーム体験会」を開催しました。

SDGsSDGs(エスディジーズ:
Sustainable Development Goals)の17の目標に
ゲームを通して親しんで身近に感じ、
それぞれが会社や地域や趣味で活動していることが
既にSDGsの取り組みに該当しているのか!
ということに気づいてもらいたくて、
2種類のゲームを体験していただきました。
 
 

ゲームを重ねるうちに、
初対面のメンバーが自然にチームになり、
自発的に協力し、助け合って、
パートナーシップや リーダーシップが
発揮されていきます。

その様子は、SDGsがめざす豊かな世界そのものです。

数時間の講座で豊かな世界が描かれている様子に
心が震えました。
今年は、SDGsに親しむ活動を、
自主開催、企業研修などで取り組んでいきます。

ひとのわのSDGsは、
「4.質の高い教育をみんなに」
「5.ジェンダー平等を実現しよう」
「8.働きがいも経済成長も」が主な活動分野です。

年収の壁と創業支援

女性の創業支援をしていると、
「ご主人の扶養の範囲内で」などと収入の上限を
気にする方がいらっしゃいます。

創業支援を始めたころは、
せっかく自分で事業を起こすのだから、と
大きくチャレンジすることを提案していましたが、
今では、フリマアプリや週末のマルシェなどに
不定期に出品や出展される方も増えてきたので、
自分らしい働き方も得たい収入も自分で決めて、
そのゴールに向かって計画を進めていけるよう、
私の考えも変化してきました。

3月9日付の日本経済新聞プラス1に
「複雑化する年収の壁」と題して、
税金や社会保険料と収入との関係がまとめられています。

創業ゼミや創業スクールを担当していると、
「平日、子どもが学校に行っている時間帯だけ」
「月5-6万円まで」と強く主張されていた方に限って、
実際にビジネスプランを立ててみたり、
店舗を見に行って理想的な物件を見つけたりすると、
一気にテンションが上がって、
スタッフを雇い、長時間営業している方も多いので、
当初のプチ起業のご希望を頭の片隅に入れつつも、
理想的な形を一緒に探り、伴走します。

SDGsで融資が有利に

前の記事でSDGsゲーム体験会のご案内をしましたが、
 https://kokucheese.com/event/index/557791/
私がSDGsに興味を持ったのは、
事業に有利になるという実例を聞いたからです。

ある経営者さんから直接聞いたお話です。

海外商品の輸入事業を通じて
SDGs「人や国の不平等をなくす」に取り組むことを
金融機関に話したところ、
「先進的な取り組みをしているのであれば、」と
有利な条件で融資を受けることができたそうです。

SDGsが企業経営に役に立つのなら、
経営者さんに知ってもらい、取り組む支援をしたいと、
俄然、私のモチベーションに火がつきました。

ご紹介した融資事例は、
まだ取り組む企業が少ないからこそ、かもしれません。
数年後、SDGsが当たり前になれば、それだけでは
有利には働かなくなるでしょう。
だからこそ、早めに取り組む価値があると思います。

わかりやすく伝えることや、
楽しく学ぶ場づくりが得意なことを活かして、
少しずつでも伝えていこうと思います。

<参加者募集>「遊んで学ぶSDGsゲーム体験会」

「SDGs」(エスディジーズ)をご存知ですか?

SDGs(Sustainable Development Goals)は、
2015年に国連で採択された、
2030年までに世界をもっとよくするための
「持続可能な開発目標」です。

というと、堅苦しく聞こえるかもしれませんが、
2種類のカードゲームで遊びながら、
SDGsを「知って」「身近に感じて」、
未来について考えるワークショップを開催します。
 https://kokucheese.com/event/index/557791/

日時:3月15日(金)18:30-21:30
場所:難波市民学習センター
     大阪市浪速区湊町1-4-1
ファシリテータ:
  Uncap Coaching Labo 岸本行央
  ひとのわ  福住昌子
参加費:3,000円
お申込みは、https://kokucheese.com/event/index/557791/

今日の日本経済新聞夕刊にも、
企業でSDGsが取り入れられている様子が
トップ記事で取り上げられています。

企業研修バージョンで、
自社で何ができるかを楽しく考える研修も
提供できますので、お気軽にお問い合わせください。

生産性を上げるコーチング

働き方改革が叫ばれ、
今まで以上に効率的に
成果を上げることが
求められ、
採用難で新しい人が来ない、
離職者が増えるという
人手不足に直面している中で、

今いるスタッフが気持ちよく働くことができ、
成果を上げることができる解決策の1つとして、
「生産性を上げるコーチング」というセミナーを
茨木商工会議所で開催しました。

経営者や上司も第一線で多忙を極める中でも、
部下の声に耳を傾け、問いかけて考えを促し、
成長に気づいて一緒に喜ぶことを続けることで、
組織やチームの一員としてパフォーマンスを
上げることができることを伝え、
効果的な関わり方の演習を行いました。

終了後も、職場で直面している課題やお悩みの
相談やご質問をたくさんいただき、
明日から実践していただけそうな予感を抱いて
講師としてとてもうれしく感じています。

実践後の質問も受け付け放題にしていますので、
このセミナーを機に、みなさまの職場が
ますますよくなることを応援しています。

リスクを自分ごとととらえる

事件や事故のニュースを見聞きしても、
つい、他人ごとだと思ってしまうことはありませんか?

私はよくそう思ってしまいます。

ところが、
大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」で
約480万件のユーザー情報が漏洩した問題は、
私も該当してしまいました。

昨日、届いたメールのタイトルを見て、凍りつきました。
「メールアドレス:パスワード」というタイトルが
表示されていたからです。

そのパスワードは、宅ふぁいる便に登録していたもので、
過去にはWebサービス系で何度か使っていましたが、
ここ数年は変更しているので、
おそらく、今回漏洩したものだと思います。

たとえ自分に非がなくても、
もしお客さまの大事な企業情報や個人情報が漏れたら、
お客様にも迷惑がかかりますし、私の信用も失います。

リスクを常に自分ごとととらえて、
できる限りの策をとる大切さを改めて学びました。

<ご案内>2月27日茨木コーチングセミナー

2月27日に茨木商工会議所でコーチングセミナーを
開催します。
http://www.ibaraki-cci.or.jp/wp/topics/seminar/20181210_5574.html

働き方改革が叫ばれ、生産性が求められる昨今、
職場でコミュニケーションをとる機会を
減らしていませんか?

実は、こんなご時世だからこそ、
上司が部下の話に耳を傾けることが大切です。
職場の人間関係は、生産性向上の近道です。

90分のセミナーで、
コーチングのスキルをマスターすることは難しいですが、
職場で上手にコミュニケーションをとるコツを覚え、
働きやすい職場をつくるヒントを
たっぷりお持ち帰りいただけると思います。
ご参加をお待ちしております。

日時:2019年2月27日(水)14:00-16:00
     14:00-15:30 セミナー
     15:30-16:00 交流会
場所:茨木商工会議所
講師:ひとのわ 福住昌子

ご案内とお申込みは、
http://www.ibaraki-cci.or.jp/wp/topics/seminar/20181210_5574.html

初来店客になりきって店舗を見る

毎日見慣れている店舗でも、
初めて来店するお客さまになりきって歩くと、
新しい発見や改善点が見つかります。

毎年のようにお邪魔している観光レストランで、
定休日を返上して、
「多様なお客様が気持ちよく過ごせるための
 接客レベルアップ研修」を実施しました。

目を閉じて視覚を遮断して接客してもらうと、
よく知っているお店なのに不思議な経験ができ、
口々に感想が盛り上がります。

ストーブを囲んで椅子を並べて、車座になって
気づいたことを話し合っていただくと、
これまで当たり前と思いすぎて見逃していたことに
気がついたという感想や、
レイアウトや陳列を変えるアイデアなど、
興味深い意見が飛び交いました。

来店される方が、さらに居心地が良いお店になるよう
お役に立てたなら、とてもうれしいです。

人と人が磨き合う研修

研修内容を自ら学び取ろうとする意欲が高い参加者は、
ぐんぐん吸収され、活発に質問や発言をされます。

クリスマスの連休を返上して
自ら研修を受けに来られるみなさまは、
演習中の発言もとても活発で、
学んだ用語や知識を
グループ討議や休憩時間の雑談でも
すぐに使ってみて
学ぶことを楽しまれています。

みなさまの会話に触発されて
私も関連する知識やエピソードを思い出すと
その場で提供しますし、
ご相談やご質問をいただくと、喜んで一緒に考えます。

人は人によって磨かれます。

研修のプログラムやテキストは同じでも、
講師も人間なので、参加者から影響を受け、
お互いに磨き合う場が生まれます。

研修はライブなので、ぜひ講師の力を引き出して、
私をめいっぱい使い倒してください。

創業経営者の覚悟を聴く

長年会社や店舗を経営していると、
様々な決断の局面に直面し、覚悟を問われます。

池田商工会議所創業セミナーで、
創業から15年近く経営されているお2人から、
そんな体験談を語っていただきました。

・リリーアンドデイジー株式会社
 代表取締役 麻生満美子さん
   https://www.rakuten.co.jp/lilyanddaisy/

・株式会社ロッソジャパン
 代表取締役 加藤健一さん
   https://www.rossobeanscaffe.com/

お2人とも、
プロとしての知識は自分の方が豊富でも、
お客さまのご意見を否定せずに聴き、
上手におつきあいされています。

やらないことを決め、
うまくいかないことは熟考し、やめる決断も下し、
周りの人に相談して素直に聞くと同時に、
最後は自分で選択されています。

経験を積まれているからこその重みのあることばを
私も一緒にかみしめました。