ひとのわにっきBlog

カテゴリー:経営・マネジメント

創業ゼミで経営の数字を易しく学ぶ

お金や数字に苦手意識を持っている方に
どこまで易しく伝えることができるかが、
毎年の私の創業支援の大きな挑戦です。

堺商工会議所創業ゼミ3日めは、
事業を開始するためのお金、
継続していくためのお金のお話です。

初歩の足し算引き算がわかれば
事業の収支計算はできる、を信条に、
できるだけ易しく経営の数字を伝えます。

安く売ると大事なお客さまが離れるよ、
全力でお仕事をしてお金を受け取ろう、
とメッセージを込めて、
グループ演習で価値を考えました。

創業ゼミは残すところあと1回、
大きく羽ばたけるよう、背中を押します。

メンタルヘルスを笑顔で学ぶ

ひとのわのメンタルヘルス研修は、
重いテーマを扱うだけに、
参加者のみなさまがリラックスして学べるよう、
できるだけ軽やかに、
笑顔や笑い声をあげて進めています。

私立大学で、
働きやすい職場をつくるためのメンタルヘルス研修を
行いました。

2会場を中継で結ぶスタイルで、
離れた会場にも臨場感が伝わるといいなぁと願いながら、
目の前の参加者の声を拾って進めます。

最後の質疑応答タイムには、
目の前の参加者からも
遠隔地の会場からも具体的な質問があり、
質問しやすい雰囲気をつくることができたのかなと
ほっとしました。

メンタル不調者の対応だけでなく、
日ごろから、お忙しい中でも声をかけあって
仲間がいるから一緒にがんばれる職場になりますように。

創業ゼミで先輩と後輩の輪をつなぐ

これから創業する方々には、
身近な先輩のことばが何よりの学びになります。

堺商工会議所創業ゼミ2日めは、
2年前に姉妹で創業ゼミに参加され、
その12月に「寺地町酒場」を開店されたお2人に
先輩創業者の体験談を語っていただきました。

 寺地町酒場
  堺市堺区寺地町東1-1-3 Tel:072-233-2343
  営業時間:15:00-22:00 火曜・第1月曜定休

創業前の事業計画と現在のギャップ、
予想外のハプニング、お客さまへの対応、
創業ゼミの仲間とのつながりなどのお話を聴き、
午後からの事業コンセプトの演習にも身が入ります。

今年も先輩と後輩の「ひとのわ」がつながって、
安心して事業に一歩を踏み出せますように。

チラシが目にとまるとき

会社やお店の経営者さんからのご相談に、
「チラシは1-2回入れたくらいでは
 なかなか気づいてもらえないものですよ。」と
お話ししています。

表現や構成を考えてお金をかけて作成する側は
反応を期待したくなりますが、
経営者のみなさまも、ご自宅に投函されるチラシは
1枚1枚確認せずに捨ててしまいませんか?
力作でも、目にも留まっていないことが大半です。

そんなことを、実家に帰ったときに体験しました。

堺の実家で、
堺商工会議所の相談窓口の
チラシが入っていたと、
母が教えてくれました。

これまでにも何度も
入っているはずなのに、
認識したのは初めてのようです。

奇抜なことをしなくても、
同じトーンの文言や色合い、イラスト、ロゴなどを
繰り返し見てもらうことで、
「前にも見たことがあるなぁ」と目に留まり、
なじみの感覚を持ってもらうことができます。

思わぬ実体験ができたので、
安心して、自信をもって伝え続けようと思います。

ひとのわサイトができました。

ひとのわサイトをリニューアルしました。

これまでは1枚もののランディングページでしたが、
昨年の堺商工会議所創業ゼミ卒業生の
みやあじよ」さまにご尽力いただいて、
企業サイトらしいページを制作していただきました。

作りたいイメージを汲み取っていただいて、
こういうのがほしかった、というサイトができて
とってもうれしいです。

これからも、ひとのわと福住昌子をどうぞよろしく
お願いいたします。

打ち上げと打ち合わせでひとのわをつなぐ

お世話になっているご夫妻との打ち上げ&打合せに、
いつもおいしいお料理と心のこもったおもてなしを
してくださる「ラ・チッタ」でランチを楽しみました。

 ラ・チッタ http://lacitta.jp/
  堺市北区東浅香山2-73-36
  Tel&Fax:072-350-2119

自家栽培のお野菜を使ったお料理に会話も弾んで、
今後の打ち合わせもさくさく進みます。
大事な時間を過ごすのに、心強いお店です。



ラ・チッタのサービスマネジャーの深田ちかこさんは
4年前の堺商工会議所創業ゼミの卒業生で、
ご一緒したご夫妻のご主人は昨年の卒業生なので、
またここで、創業ゼミの「ひとのわ」がつながります。

今年の堺商工会議所創業ゼミも、いよいよ25日から
始まります。
今年も新たなひとのわが生まれて、育っていけるよう、
講師の私も全力を尽くします。

池田創業スクールでコンセプトを磨く

池田商工会議所創業スクール2日めは、
前回見つけたビジネスアイデアを
事業として育てるために、
コンセプトを考え、
マーケティングの視点で磨いて、
ぶれない軸を見つけます。



全日程のうち、私が伝えたいことが一番ギュッとつまった、
得意でもあり、熱が入るテーマです。

私が口を酸っぱくして強調するのが、
「誰に」「何を」「どのように」。

あまりにもしつこく強調するので、
卒業生のみなさまにも、
「頭が痛くなるほど、誰に何を・・・って
 考えましたよ。」
と何年たっても言われることもあるくらいです。

コンセプト、マーケティングといっても、
横文字はできるだけ使わず、
グループで和気あいあいと話しながら、
・お客さまの層が変われば、
・お客さまの目的が変われば、
同業者とは競合しない別の事業になることを
少しずつ実感できるように進めています。

次回は、事業として続けていけるよう、
利益について、優しく&易しく説明できるように、
私も準備を重ねます。

有料サービスを利用するとき

「Z」の文字を打つために、
3,900円の有料サービスに入会しました。

数日前から、パソコンで「Z」を打つと、
なぜか「5」の文字が表示されます。
「ありがとうございます」が「ご5あいます」に、
「創業ゼミ」が「5えみ」になるのです。

これまで全く気づいていませんでしたが、
私は人一倍「Z」を使います。

だって、私は、ふくずみさん。
「お世話になっております。ひとのわ 福住です。」
が変換できないと、ご挨拶ができません。

挨拶文は、コピーや自動挿入で済ませるのではなく、
心をこめて手で打ちたいので、
変換できないとストレスがたまります。


いろいろ試してみて、本体の故障とわかったので、
新しいキーボードを購入しました。

Amazonプライム会員のお急ぎ便なら当日に届くと
表示が出て、迷わず、会員登録をクリックしました。
1,000円未満の商品を3,900円払って取り寄せるなんて、
余裕があるときなら絶対にしない選択です。

必要に迫られると、もったいないと思わないのかと
ちょうど次回の創業スクールでテーマになる、
価格とサービスの価値について、考えさせられました。

お昼過ぎに注文して夕方届いた新しいキーボードは
さくさくキーが打てて快適です。
これでお仕事もさくさく進みますように。

池田創業スクール初日

池田商工会議所創業スクールが初日を迎えました。

創業に向けて大切にしてほしい心構えや
ビジネスアイデアの見つけ方や磨き方を伝えて、
参加者のみなさまの思いを探ったあとは、
参加者どうしでアイデアを磨き合います。

年齢も性別も経験も事業領域も異なるメンバーで
意見交換をするうちに、
初対面だったみなさまが仲間になっていき、
つながりがうまれていきます。

屋号「ひとのわ」の私にとって、
創業の講座を何年も何度も担当していても、
わくわくする大好きなひとときです。

今年の池田の創業スクールは、隔週で6回、
3ヶ月後の最終日には、みなさまが自信を持って
自分の道に大きく羽ばたいていけるよう、
私も全力で応援します。

堺創業ゼミ卒業生のカフェを訪問

昨夏の堺商工会議所創業ゼミ卒業生の前川尚夫さんが
4月に開業された「M's Coffee Roaster」を訪問しました。

M's Coffee Roaster
堺市東区日置荘西町1-19-7
080-5762-2643 月・火定休


清潔感のある落ち着いたお店で、
おいしいコーヒーとケーキでくつろぎました。
お店の奥でオーナーが焙煎されるアイスコーヒーも
買って帰ったので、水出しにして味わいます。

この夏も堺商工会議所創業ゼミを開催します。
詳しいご案内とお申し込みは、   http://www.sakaicci.or.jp/seminar/20180825.pdf