ひとのわにっきBlog

カテゴリー:経営・マネジメント

営業トークの言葉の大切さを実感する

営業トークのことばの選び方1つで、
お客さまがファンになってくれることもあれば、
売れるものも売れなくなってしまうこともあります。

最近、連日のように、
逆効果としか思えない残念な勧誘電話がかかってきます。

電力の切替の勧誘で、
切ろうと思ったら、
「毎月1000円くらい安くなりますよ。」と言われ、
続きを聞いてみました。

「え?そんなに?半額近くになるんですか?」

「今、月に1万数千円払ってるとするじゃないですかぁ。」
「そんなに高くないですよ。」

「え?じゃあ、2月でいくら払ったかわかりますか?」
「はい。2,3xx円でした。」

「え?あーーー。
 あ、でも夏は1万円超えるじゃないですかぁ。」
「超えたことないですよ。5千円も超えたことないです。」

「あーーー。でも、絶対安くなるんです。」
「先ほどの2月の金額なら、何円安くなりますか?」

「あ、ちょっと待ってくださいね。
 100円くらいですね。」
「それなら、このままでいいです。」

わずか数%、百円程度でも、
最初に千円以上と期待させられていなければ、
お得と感じたのかもしれません。
期待させた後にがっかりさせたら逆効果ですよね?

この電話のやりとりでは、おそらく
外部のコールセンターに委託されているように
お見受けしましたが、
委託元の大手企業の社名を名乗るため、
その会社の印象を損ねてしまいます。

コールセンター部門のコンサルティングや研修を
何社か担当したことがあるので、思わず、
「トークスクリプトを添削しましょうか?」
「研修におうかがいしましょうか?」
と逆営業をしたくなりました。

勧誘の電話のヒット率が低い場合、
社内でロールプレイングをして
お客さま役になりきってトークを聴いてみて、
どんな印象を受けるか、確認してはいかがでしょうか。

コーチングのテーマの選び方

「コーチングでは何を話せばいいの?」と聞かれます。

コーチングセッション当日に気になることや話したいこと、
「何でもいいですよ。」が答えなのですが、
もう少し詳しく説明します。

私が学んだコーアクティプコーチングでは、
クライアントの人生全体を扱うという考え方をしています。

人の心は明確な線を引いて区分できないので、
たとえビジネスのことだけを話そうと思ったとしても、
家族やプライベートでのうれしいことや心配ごと、
ニュースや電車の中などで見た光景なども、
思考や行動に影響を与え、全てがつながっています。

どんな話題から話し始めても、
コーチは、単なるおしゃべりではなく、
クライアントさんがどこに重きをおいているのか、
どんなところに喜び、怒りなどの感情が動いているのか、
クライアントさん自身に好奇心を向けて聴き、
問いかけていくので、

ご自身の価値観や信念が明確になったり、
無意識に表れる思考や行動の癖が浮き彫りになったりして、
目から大きく鱗が落ちる発見や学びが得られることが
とても多いです。

前回のコーチングからあまり状況が変わっていなくても、
逆にガラッと環境が変わっていても、
話題がないなぁと思わずに、
何か気になることから、コーチと話してみてくださいね。

補助金担保の融資制度

「ものづくり補助金」交付決定企業が
受給前の補助金を担保にして融資を受けられる
制度が設けられると
日本経済新聞朝刊1面に掲載されています。

補助金は実績払い(後払い)で、
認定された計画に対し、
事業完了後に
実績を示す書類を全て揃えて
交付申請を行う仕組みなので、

計画の着手時には
まず自己負担で費用を支払い、
補助金を受け取るまでには時間がかかります。

記事には、「POファイナンス」「電子債権」など
耳慣れない単語が並んでいます。
従来から、個別に金融機関に相談して
「つなぎ融資」を受ける企業はありましたが、
新たな利点もあるのかもしれません。

補助金をめあてに事業を考えるのは本末転倒ですが、
自社の事業が該当するのなら、
事業計画を練る機会として活用することもできます。

ただし、事業完了後に補助金の交付を受けるには、
仕様書、見積書、発注書、納品書、請求書、領収書
などなど膨大な書類を揃える必要があり、
中には、受給を断念する企業もあります。
その覚悟をもって、挑戦される企業を応援します。

 「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」
 公募中の詳細ページは「こちら」。

移転オープンした「YYラジコン倶楽部」を訪問

2010年堺商工会議所創業ゼミ卒業生の難波裕文さんの
「YYラジコン倶楽部」が日本橋から堺に移転されたので、
商工会議所の課長さんに同乗させていただいて、
訪問してきました。

 YYラジコン倶楽部
  堺市中区八田寺町481-9 2F
  https://yy-rcclub.com/


サーキットも2面になって、
ラジコンファンのお客さまがますます便利に楽しめる
お店になっています。

開業から約8年、着実に事業を拡大されて、
頼もしい経営者さんになられてお会いできるのは、
創業支援の喜びの1つです。

これからさらにファンが増えて、発展されますように。

SDGsゲームで豊かな世界が生まれる

「遊んで学ぶSDGsゲーム体験会」を開催しました。

SDGsSDGs(エスディジーズ:
Sustainable Development Goals)の17の目標に
ゲームを通して親しんで身近に感じ、
それぞれが会社や地域や趣味で活動していることが
既にSDGsの取り組みに該当しているのか!
ということに気づいてもらいたくて、
2種類のゲームを体験していただきました。
 
 

ゲームを重ねるうちに、
初対面のメンバーが自然にチームになり、
自発的に協力し、助け合って、
パートナーシップや リーダーシップが
発揮されていきます。

その様子は、SDGsがめざす豊かな世界そのものです。

数時間の講座で豊かな世界が描かれている様子に
心が震えました。
今年は、SDGsに親しむ活動を、
自主開催、企業研修などで取り組んでいきます。

ひとのわのSDGsは、
「4.質の高い教育をみんなに」
「5.ジェンダー平等を実現しよう」
「8.働きがいも経済成長も」が主な活動分野です。

経営者向け2時間コーチング始めます


経営者向けに
2時間枠のコーチングセッションを
始めます。

通常のコーチングセッションは、
1時間枠で実施しています。

その理由は、
話したいことがいっぱいある方も、
一度にあれこれ話題を広げるよりも、
一番気になることに焦点を絞って掘り下げるほうが
大事な答えを見つけて、行動に移しやすいからです。

ただし、経営者さんの場合は、
自分の軸を確認して意思決定した後も、
・まず何から進めるか、
・どんな体制を整えるか、
・スタッフにはどう伝えるか、
・メンバーに不満が出ないかどうか、
・収益への影響はどうか、
など
周りへの影響も確認する必要があるので、
答えを見つけた後の対話も大事になってきます。

日ごろお忙しいからこそ、
集中してじっくり考えるコーチングの時間を
たっぷり2時間とる意味は大きいなぁと感じています。

体験コーチングやオリエンテーションのときに
経営者さんのタイプを見極めたり、
大事な意思決定の局面を迎えるときなどに、
2時間コーチングを提案していこうと思います。

年収の壁と創業支援

女性の創業支援をしていると、
「ご主人の扶養の範囲内で」などと収入の上限を
気にする方がいらっしゃいます。

創業支援を始めたころは、
せっかく自分で事業を起こすのだから、と
大きくチャレンジすることを提案していましたが、
今では、フリマアプリや週末のマルシェなどに
不定期に出品や出展される方も増えてきたので、
自分らしい働き方も得たい収入も自分で決めて、
そのゴールに向かって計画を進めていけるよう、
私の考えも変化してきました。

3月9日付の日本経済新聞プラス1に
「複雑化する年収の壁」と題して、
税金や社会保険料と収入との関係がまとめられています。

創業ゼミや創業スクールを担当していると、
「平日、子どもが学校に行っている時間帯だけ」
「月5-6万円まで」と強く主張されていた方に限って、
実際にビジネスプランを立ててみたり、
店舗を見に行って理想的な物件を見つけたりすると、
一気にテンションが上がって、
スタッフを雇い、長時間営業している方も多いので、
当初のプチ起業のご希望を頭の片隅に入れつつも、
理想的な形を一緒に探り、伴走します。

SDGsで融資が有利に

前の記事でSDGsゲーム体験会のご案内をしましたが、
 https://kokucheese.com/event/index/557791/
私がSDGsに興味を持ったのは、
事業に有利になるという実例を聞いたからです。

ある経営者さんから直接聞いたお話です。

海外商品の輸入事業を通じて
SDGs「人や国の不平等をなくす」に取り組むことを
金融機関に話したところ、
「先進的な取り組みをしているのであれば、」と
有利な条件で融資を受けることができたそうです。

SDGsが企業経営に役に立つのなら、
経営者さんに知ってもらい、取り組む支援をしたいと、
俄然、私のモチベーションに火がつきました。

ご紹介した融資事例は、
まだ取り組む企業が少ないからこそ、かもしれません。
数年後、SDGsが当たり前になれば、それだけでは
有利には働かなくなるでしょう。
だからこそ、早めに取り組む価値があると思います。

わかりやすく伝えることや、
楽しく学ぶ場づくりが得意なことを活かして、
少しずつでも伝えていこうと思います。

<お知らせ>「SDGsゲーム体験会」大阪

「SDGs」(エスディジーズ)をご存知ですか?

SDGs(Sustainable Development Goals)は、
2015年に国連で採択された、
2030年までに世界をもっとよくするための
「持続可能な開発目標」です。

というと、堅苦しく聞こえるかもしれませんが、
2種類のカードゲームで遊びながら、
SDGsを「知って」「身近に感じて」、
未来について考えるワークショップを開催します。
 https://kokucheese.com/event/index/557791/

日時:3月15日(金)18:30-21:30
場所:難波市民学習センター
     大阪市浪速区湊町1-4-1
ファシリテータ:
  Uncap Coaching Labo 岸本行央
  ひとのわ  福住昌子
参加費:3,000円
お申込みは、https://kokucheese.com/event/index/557791/

今日の日本経済新聞夕刊にも、
企業でSDGsが取り入れられている様子が
トップ記事で取り上げられています。

企業研修バージョンで、
自社で何ができるかを楽しく考える研修も
提供できますので、お気軽にお問い合わせください。